花火大会

琵琶湖大花火大会とは?行ってみた感想やおすすめポイントなど現地情報を紹介!

琵琶湖大花火大会の基本情報

毎年8月8日に滋賀県大津市で開催される花火大会になります。

浜大津に一部有料観覧席があるが、湖西は堅田あたり、湖東は草津のあたりまでと琵琶湖湖岸の幅広いエリアから打ち上げが目視できるため、わざわざ混雑するメインエリア(坂本~浜大津~膳所)までいかなくてもみれるため、写真をとるさいも、観覧する際も魅力的に思えます。

毎年、趣向が変わる花火も魅力的で、例えば「ポケットモンスター」や、「アンパンマン」、「ハローキティ」などのキャラクターはもとより、「石田三成」などといった滋賀県に関わる有名な武将の花火も打ちあがります。そのため、老若男女とわず「飽きることがない」花火大会といえます。

前述した、浜大津の有料席ですが琵琶湖ホテルの下のあたりから広がる広大なエリアになっています。

毎年、大津市民優先で前売り券が販売され、そのあと一般販売という流れになっています。有料席のチケットは即完売で、大津市に以前在籍していた私は1度だけ有料席からみることができました。

京都で大規模な花火大会がないため、非常に込みます。特に、JR大津駅は京都方面からくる方で非常に混雑します。

京阪浜大津駅も有料席まで近いということもあり混雑しますが、交通規制が醜いため浜大津で降車される方の多くは有料席へいかれ、その他の方は京阪島の関駅や、京阪石場駅で降りられ湖畔にいかれる方が多いです。そのため、帰りはこの2つの駅が非常に混みます。

琵琶湖大花火大会に実際に行ってみた感想

毎年みにいってますが、打ち上げられる花火の内容が変わっていますため非常にワクワクして楽しめます。

様々なキャラクターの花火や、歴史の偉人の花火など、誰と来ても、毎年きても飽きません。

一度、ミシガンが販売しているチケットで船に乗って船上からディナー食べながら花火大会をみたこともあるのですが、それはそれは見事でした。

陸からみる花火とは違い、湖上からみる。琵琶湖花火大会だからこそ楽しめる、体験です。
屋台の種類も豊富ですし、大津市の街中の商店街や飲食店では「花火大会スペシャルメニュー」も開発され、それぞれの店頭で趣向凝らされた様々な食べ物を買うことができるのも魅力的で、こちらもあわせて楽しんでいます。

ただ、毎年いっていると「混雑の醜さ」は相変わらずに思えますし、下手すると年を重ねるごとに醜くなっているような印象をうけてしまい、そのあたりの交通の不便さ(一部の駅のみ大量の混雑して難民続出)は既存の鉄道ありきの話なので、なかなか改善することができないのかなと感じている次第です。

琵琶湖大花火大会に初めていく方にアドバイス

1、湖岸エリアで屋台があるのは一部のエリアのみ。結構広い湖岸エリアなので、早めに食糧なり、飲み物なり調達してゆっくり打ちあがるのを待ちましょう。

2、自動車では絶対いかないこと。名神高速道路の大津サービスエリア上り線から花火がみえ非常に有名なスポットになってますが、毎年16時頃にはサービスエリアへの入場制限がかけられます。

また、一般道(湖岸道)は花火大会中は非常に混雑してるため、大渋滞しています。抜け道は観覧車が溢れかえっていること、結構暗い道が多いことから非常に事故のリスクもあります。

3、混雑避けて帰りたい方は人波が去ってから帰宅するのがベスト。JRも京阪も花火大会当日は特別ダイヤをくんでいますため、安心です。

4、懐中電灯必須 湖岸は一部を除いて暗いです。また、観覧車が地べたに座り危ないため、懐中電灯は持参するようにしましょう。ランタンタイプの置けるのもあればベストですね。

5、無料観覧エリアでみられる方は16時ごろまでに場所を確保すること。