地方祭り

市民祭あしずりまつりに行ってきた!現地の様子やおすすめポイントをレポ!

市民祭あしずりまつりの基本情報

海が綺麗・魚が美味しいで有名な土佐清水の清水港で毎年8月の第一土曜日20時から開催されています。観覧は無料で、毎年10000発の花火が打ち上がります。

最大10号玉が綺麗な空気の土佐清水に打ち上がります。地元の名産を売っている屋台なども用意されています。

近くには有名な清水サバ寿司のお店もありますので、清水の美味しいものを食べながら花火を観覧することができます。

年々参加人数は増えてきており、昨年は4万5千人の方が訪れました。駐車場は全て無料で、清水港周辺から市役所や空き地などを駐車場として用意されています。

花火の時間が近づくにつれて混雑しますので、少し遠くの駐車場になることもあります。田舎ですので道が少ないため、帰りはかなり混雑します。

駐車場から出るのに1時間程度待つこともあります。周辺の宿泊施設は民宿などしかなく、この時期はすぐに埋まってしまいます。

夏休みのため、近くの海(柏島など)に観光目的に花火へ来られるかたもいますので、中村や宿毛のホテルを予約して1時間程度かけてホテルへ帰るという感じです。(花火の日はどのホテルもすぐに埋まってしまいますので早めの予約が必須です。)

市民祭あしずりまつりに実際に行ってみた感想

とにかく花火は綺麗です!また45分間で10000発の花火が打ち上がります。しかも大きいです。近くで見ることができるので迫力は満点です。

田舎ですので、遮る建物はほとんどないので、どの角度からもこの迫力満点の花火を楽しむことができると思います。

空気や海は綺麗で景色もよく、夏を満喫できます。県外から兄弟を呼んで一緒に参加したのですが県外の方はこの迫力ある花火に驚き感動して帰りました。

また来たいと言っていました。また屋台の食べ物が美味しいです!初めて食べた清水サバ寿司は感動ものでした。

花火が始まる前に早めに来て、グルメを楽しむのもいいと思います。港ですので、小雨でも大抵決行しますが、雨宿りする場所は一切ありません。晴れることを祈るのみです。観覧席は用意されていません。

ご自分でレジャーシートや椅子を持って来て観覧席を作るといった感じです。場所取りをしている地元の方もおられますが、しなくても十分にスペースはあり、楽しめます。私は10年前から毎年参加しています。

もちろん泊まりです。毎回清水の花火に感動しています。花火の翌日は柏島に出かけ、海を楽しみ、美味しい食べ物を食べて帰ります。

同じ県内なんですが、夏の贅沢旅行です。県外の方にもぜひおすすめしたいです。

市民祭あしずりまつりに初めていく人にアドバイス

初めて行かれる方にはいくつか田舎特有のアドバイスがあります。清水に行くまでにはバスなどもありますが本数も少なく花火大会の日は混雑しますので車は必須です。

駐車場はどこも無料で十分に場所は用意されていますので焦る必要はありませんが、いかんせん広い田舎ですので遠い駐車場になることもあります。

港まで暑い中15分以上歩くなんてこともありますので小さいお子さんがいる方は早めに到着しておくほうがいいかと思います。(私は常に2時間以上前についています。)

そして帰りの道はとにかく混雑します!田舎ですので道が1〜2本しかありませんので駐車場から出るまでに1時間かかるなんてことはザラです。

田舎の花火に慣れた人はこの時間を有効活用して、花火が終わったあとは港近くの温泉に入って入浴して、駐車場に戻るとちょうど空いた時間になってスムーズに駐車場から出ることができ、ホテル帰ってそのまますぐに眠ることができます。

これはおすすめです。2つめは観覧席はありませんし、少し腰をかける場所もほとんどありません。なのでご自分でレジャーシートを持っていく、レジャーチェアを持っていくことをお勧めします。

連続で花火があがるのでゆっくり楽しむことができると思います。3つめは近くにホテルがありません!(小さい民宿などはありますが)なので中村か宿毛などのホテルを予約することになると思いますが、花火の日はすぐに予約が埋まってしまいますので、早めの(私は半年前に予約しています)予約をおすすめします。

高知市内の方は、日帰りは考えないほうがいいです。混雑で帰れません。宿泊をお勧めします。