花火大会

三国花火大会に行ってきた感想!混雑状況やおすすめポイントなどを紹介!

三国花火大会の基本情報

毎年8月11日に開催される三国花火大会です。場所は三国サンセッドビーチの海岸の近くで花火が打ち上げられます。

混雑状況としては、えちぜん鉄道三国芦原線が行きと帰りに寿司詰めの状態になるほど込み合い、帰りの電車は2時間待ちになるほどすごい大行列になるほどです。近くの施設としては三国温泉ゆあぽーとが目印です。

駐車場はゆあぽーと側は全面通行止めになり全くありません。ただしテクノポート福井側の発電所の辺りは路駐になるけれど、車を止める事ができます。

また、テクノポート福井側の発電所の近くに車を止めると花火大会会場まで徒歩で30分は歩かなくてはなりません。

実際に歩いたけれどとても遠くてきついです。花火大会の魅力としては、2尺玉や音楽スターマインや水中花火、斜めスターマイン、ナイアガラ、最後に幕を締めくくるグランドフィナーレなどです。最後のグランドフィナーレはこれぞ三国花火大会ですというイメージで感動します。

三国花火大会に行ってみた感想や現地の様子など

小学校2年生のときに初めて行ってみたけれど、以前は京福電車という電車で1両しかなくてお客さんにすし詰めにされぺしゃんこにされてしまいました。

とってもつらかったです。会場まで歩いて行ってみたけれど、暑くてしんどかった。でも電車がすし詰めみたいに混雑するのは嫌でも仕方なかった。みんな考えていることが一緒だったから。きれいな三国花火大会を見に行くから。

実際に花火を見たけれど、水中花火がお腹まで響いてくるから迫力があった。夜店も出ていて暑かったからかき氷を食べた。

帰りの電車はみんなが大勢電車に乗って帰るから大行列ができて2時間は待った。待たせすぎていらいらした。

やっと電車に乗ったのは、夜の10時過ぎで深夜直前だった。
家に着いた時には、、真夜中の0時で明日になっていた。

三国花火大会で電車で行くと、まるで2日間行ったことになるほど混雑。
電車もせめて、3両か4両最大で6両にしてほしいと思う。そしたらスムーズにいくのに。

三国花火大会に初めて行く人にワンポイントアドバイス

初めて三国花火大会に行くならば、えちぜん鉄道三国芦原線は絶対に使わない方がいいと思う。なぜなら電車内はすし詰めでまんじゅうのようにお客さんにぺっしゃんこにされてとっても窮屈だから。

帰りの電車待ちの行列は、半端ないほどの大混雑で最大で2時間待ちになり、乗れるのは22時過ぎにならないと乗れない。

遅いときは深夜23時になるかもしれない。家に着いたときは、0時を回っていて明日になっている。だから電車じゃなく、できれば三国のテクノポート福井の近くの火力発電所の近くに車を路駐して、歩いて行った方がいいと思う。

会場までは30分歩いてかかるけれど、電車よりはましです。帰りも夜8時半に終わり、駐車場まで30分と短く夜9時に駐車場に着きます。

帰りは夜10時までには何とか家につきそうです。電車より2時間早く着きます。テクノポートの駐車場に路駐して車を止めて、もしカップルで行くならば、折りたたみの自転車で行くといいかも?